鹿児島 お土産、鹿児島名物 通販 | おいどん鹿児島ドットコム

鹿児島 お土産、鹿児島名物 通販 | おいどん鹿児島ドットコム

 

おいどん鹿児島ドットコム»  みかんの品種紹介

みかんの品種紹介

江崎果樹園で栽培している主なみかんの品種をご紹介します。
品種 写真 出荷時期/特性

極早生温州

●岩崎早生
●鹿児島早生

9月下旬~11月中旬

極早生みかんは、温州みかんのトップを飾るみかんで別名「青切みかん」とも言われ、写真のように皮の青い時期に食べられます。まだ暖かなこの季節にあった鹿児島のトップブランドのみかんです。青いけど中身は甘くて大変食べやすく全国のお客様から大変好評いただいております。

品種 写真 出荷時期/特性

早生温州

●興津早生
●三保早生

12月~1月上旬

南国鹿児島は、温暖な気候・風土がみかんの栽培に恵まれており古くからみかん栽培で栄えてきました。江崎果樹園では、減農薬(特別栽培)を徹底し、美味しくて安心なみかんを産地直送で全国にお届けしております。甘くて、美味しい「鹿児島みかん」をお楽しみ下さい。。
贈答用のみかんとして大変好まれています。

品種 写真 出荷時期/特性

普通温州

●青島温州

1月~2月

昭和25年静岡市の青島平十氏が尾張温州の枝変わりとして発見した。果実は大きく極めて扁平である。果実のしまりが良く浮き皮にはならない。糖度は高く、クエン酸も適度で食味は優れている。果皮色がやや淡い。樹勢はおう盛で枝葉は密生する。

品種 写真 出荷時期/特性

太田ポンカン

12月下旬~1月下旬

昭和22年、静岡県庵原町の太田敏雄が庵原ポンカンの枝変わりとして発見した。小葉低しょう系の早熟種である。12月上旬~中旬には完全着色し減酸も早い極めて豊産性で連年結果する。

品種 写真 出荷時期/特性

スイートスプリング

12月~2月

農林水産省果樹試験場興津市場で上田温州×ハッサクの交雑で育成し昭和56年公表し, 果形は偏円~円形で果皮は黄色でやや粗く剥きにくい。果肉は柔軟、減酸が早く食味は甘い。果皮の退色が遅く食味と一致しない樹勢は強く枝は密生する。

品種 写真 出荷時期/特性

大橘
(サワーポメロ)

2月下旬~3月

大橘は本県在来のブンタンであり、原木は果樹試験場に保存しているがその由来は不明である。樹は若木時代にはやや直立性だが成樹になると開帳して円形となる。

品種 写真 出荷時期/特性

甘夏
(川野夏ダイダイ)

3月~5月

昭和初期、大分県津久見市の川野氏の園で夏みかんの枝代わりとして発見されたので、減酸が早く食味がよい上に樹が丈夫で豊産性のため昭和30年代頃より大分県、熊本県田浦町、愛媛県御荘町などで集団栽培が開始され全国的に栽培されてきた。

品種 写真 出荷時期/特性

ジューシーオレンジ
(河内晩柑

4月~6月

約80年前に、熊本県飽託郡河内町の西村徳三郎氏の宅地で発生した文旦を血を引く偶発実生で、昭和10年に同町の鑢一馬氏が発見したものである。